2016年08月27日

新潟限定 東京電力ホールディングス(TEPCO)テレビCMって?

何気にTVを見ていると、結構な頻度で流れる東京電力ホールディングス(TEPCO)のCM。
全国、または関東地方でも流れていると思いきや、何と【新潟限定】なのだそうで。

さて、このCMを何度か見ているうち違和感というか、なにかモヤモヤ〜とした怒りにも似た感覚を覚えました。

それは何か???
「柏崎刈羽原子力発電所では、福島第一原子力発電所の事故の反省をふまえ、さまざまな安全対策に取り組んでいます。」そう、このキャッチフレーズなのです。

世界最大の発電量を誇る柏崎刈羽原発ですが、中越沖地震で被災した事は多くの人の記憶に残っている事でしょう。(無条件に原発再稼働をと主張する連中は記憶していないかもしれませんが)しかも世界で初めて地震被災。その時の東電の体たらくぶりには、あきれ果てたものです。

福島第一、第二は事故の数年前から津波による全電源喪失の危険性を指摘されていました。
もし柏崎刈羽原発の被災を受けて、耐震化や津波対策を行っていれば過酷事故を防げたのではないか?という疑問が湧いてきます。危険を承知で稼働し続けた当然の結果だったのかもしれません。

さらに、このCMは批判されている事を最近知りました。
毎日新聞 「新潟限定の原発CM 避難者ら抗議文提出へ」
http://mainichi.jp/articles/20160308/k00/00e/040/199000c

そして、柏崎刈羽原発も含めた原発再稼働を主張する産経新聞も
「東電が新潟県限定で企業CMをこっそりと再開 柏崎刈羽原発の再稼働の布石か」
http://www.sankei.com/premium/news/151214/prm1512140001-n1.html
といった見出しで記事を出していた事にびっくり。(”こっそり”ってところですね)

メルトダウンの事実を隠蔽していた事もありいくらイメージアップを図っても、隠蔽捏造体質の東京電力を信用する事はできません。
東京電力柏崎刈羽原発の再稼働には、絶対反対です!












posted by kenta at 13:00| 日記